おもしろスマホアプリ研究部
~ 電車ひまつぶし編
電子書籍

続・BookLiveの毎日クーポンガチャの平均割引率【1ヵ月調査】

BookLive毎日クーポンガチャ画面

電子書籍サイト「Booklive」には、毎日クーポンガチャというサービスがあります。

というくだりで9ヵ月前に毎日ガチャを回した結果を書きました。

よく人の心は変わりゆくものだと言いますが、ガチャも変わってしまうみたいで明らかに以前と出かたが違います。

正直なところあくまで個人の感覚ですが、悪い方に。

前回の結論はマンガ本が実質毎日2割引きで買える、でしたがパーセントだけみても”20% → 15%”へとダウンしています。

そのあたりの記録をまとめました。

 

42日間のクーポンガチャ記録表

ガチャの行き方や注意点については前回の記事を参照下さい。

→ 2018年3月~4月のクーポン記録はこちら

前回はなぜか少年マンガに焦点をあてたのですが、それはクーポンの対象作品にマンガが多かったという理由もあります。

最近は対象作品についても様子が異なっております。

とりあえず先に日々の結果について、表にしました。2018年12月13日から記録し始めたので、42日間の記録です(1ヵ月に切り取ろうかと思いましたがやめました。笑)

 

日目 割引率 対象作品 使用回数 対象冊数
1 15% 少年マンガ全作品 1回 5冊
2 15% ビジネス・実用全作品 1回 10冊
3 20% 小説・文芸全作品 1回 5冊
4 15% 青年マンガ全作品 1回 10冊
5 10% マンガ全作品 1回 10冊
6 15% 小説・文芸全作品 1回 10冊
7 20% ラノベ・文芸・ビジネス全作品 1回 5冊
8 15% ビジネス・実用全作品 1回 10冊
9 15% ラノベ・文芸・ビジネス全作品 1回 10冊
10 15% ビジネス・実用全作品 1回 5冊
11 15% 女性向けマンガ全ジャンル 1回 10冊
12 25% 2018年12月23日までに配信開始した作品全ジャンル 1回 10冊
13 15% 小説・文芸全作品 1回 10冊
14 15% ビジネス・実用全作品 1回 10冊
15 20% ライトノベル全作品 1回 5冊
16 25% 2018年12月24日までに配信開始した作品全ジャンル 1回 10冊
17 15% 少年マンガ全作品 1回 10冊
18 15% 2018年12月29日までに配信開始した作品全ジャンル 1回 10冊
19 15% 少年マンガ全作品 1回 10冊
20 15% ラノベ・文芸・ビジネス全作品 1回 10冊
21 15% ライトノベル全作品 1回 10冊
22 10% マンガ全作品 1回 10冊
23 15% 雑誌・写真集全作品 1回 10冊
24 10% マンガ全作品 1回 10冊
25 15% 雑誌・写真集全作品 1回 10冊
26 15% 小説・文芸全作品 1回 10冊
27 15% マンガ全作品 1回 10冊
28 20% ビジネス・実用全作品 1回 5冊
29 15% ビジネス・実用全作品 1回 10冊
30 15% 青年マンガ全作品 1回 10冊
31 10% マンガ全作品 1回 10冊
32 15% 2019年1月9日までに配信開始した作品全ジャンル 1回
33 15% ビジネス・実用全作品 1回 10冊
34 15% 少年マンガ全作品 1回 10冊
35 15% マンガ全作品 1回 10冊
36 15% 青年マンガ全作品 1回 10冊
37 15% 2019年1月17日までに配信開始した作品全ジャンル 1回
38 15% 2019年1月15日までに配信開始した作品全ジャンル 1回
39 10% 少年マンガ誌 1回 5冊
40 15% 少年マンガ全作品 1回 10冊
41 15% 青年マンガ全作品 1回 10冊
42 20% 少年マンガ全作品 1回 5冊

 



前回と比較した最近の傾向

主に3点、特徴が変わっています。

1.割引率が平均20%→15%までダウン
2.対象冊数の無制限が出難くなった
3.対象作品のジャンルがより限定された
 

 

1.割引率が平均20%→15%までダウン

シンプルに減ったな、というところで。

前回は10%という割引率は出なかったのですが、今回は5回も登場しています。

2.対象冊数の無制限が出難くなった

これは余り影響はないと思います。毎日、5冊も10冊も買う人ってそんなにいないですよね。

ただ前回は結構、”何冊でも”が出ていたなと思った次第です。まあ冊数が限定されるかわりに毎日クーポンがもらえるわけですから。

毎日もらえる恩恵は今でも大きいとは思います。

3.対象作品のジャンルがより限定された

一番影響がありそうなところです。

特に”全作品に使えるクーポン”の出現率が激減しているのは辛いですね。折角もらえても使えない日が出てきます(有効期限は1日ですし。)

一応数字で出すと、全作品に使えるクーポン。前回は56%の確率で出ていましたが、今回はわずか14%の出現率です。

 

結論:hontoのクーポンの方が使い勝手が良くなった

今回調べて感じたこととしては、BookLiveだと毎日2割引きで買えると思っていた印象が薄れてしまったなと・・・。

 

実は昨年末からクーポンを配布している色んな電子書籍サービスについて、BookLive同様に記録しています。

BookLiveのように毎日クーポンがもらえる、というのは他ではないです。”毎日”はほんとBookLiveの強みです。

ただ、次いで頻繁にクーポンを配布している電子書籍サイトに、「honto」というのがあります。

hontoのクーポンが何気に良いです。

定期的に(一部対象外はありますが)全作品対象の”20%オフ”クーポンがもらえます。

ただし、1点注意があって条件として1000円以上の購入でないと使えません。よって、月に数冊とか買う人には便利なクーポンです。

1回限りで有効期限は3日~4日ですが、切れた翌日にはまた同じクーポンが配布されるので結局好きなタイミングで使えるのは大きい。

因みに直近の記録は↓な感じです。

 

配布日 期限 有効日数
1/1 1/4 4日
1/4 1/6 3日
1/7 1/10 4日
1/11 1/14 4日
1/15 1/17 3日
1/18 1/20 3日
1/21 1/22 2日
1/23 1/24 2日

 

簡潔に言うと

  • ほぼほぼ全ての作品が対象
  • かならず20%OFF
  • 約3日に1回の頻度で出続ける

 

繰り返しますが、1000円以上という条件があるので、月に数冊とか定期的に本を買って読む人には便利なクーポンになります。

hontoの公式サイトはこちら

 

もしBookLiveを一度も使ったことがない人は、1回だけですが確実にもらえる半額クーポンの存在は大きいので、1回目だけBookLiveで買うのも賢い使い方に思います。複数のサービスを使い分けるのが面倒に思う人にとっては悩ましいかもですが・・・。

一応BookLiveの公式サイトへのリンクも貼っておきますので気になる場合は確認してみて下さい。

BookLiveの公式サイトはこちら

 

以上です!

クーポンの記録は引き続き行っていきますので、また変化があった際には「続々・」でまた記事を書くかもしれません。笑

 





ABOUT ME
むーさん

自宅からの通勤電車時間は約40分。寝たくても満員電車で寝られないから、何となくいつもスマホいじってます。

特にこれという事もなく、半ば無意識かの如くニュースサイトやマンガアプリを起動。何かこの時間がもったいない。


スマホのアプリ。Google PlayストアとApp Storeあわせるとアプリの総数は500万以上もあるんです。まだ知らないもっと面白いアプリが沢山あるはずなんです。


電車なので、周りが気にならないような、途中でもさっと終われるような、40分の時間を忘れるような、ついでにストレスも忘れて癒されるような、そんなアプリを見つけたい。

という願望からこのブログ、がんばっていきたいと思います。