おもしろスマホアプリ研究部
電車ひまつぶし編
サイト比較

電子書籍サイトを比較する前に自分のニーズとは何なのか?

本棚の画像

電子書籍ってありますよね。
本を紙ではなくネットで買ってそのままスマホやタブレット等で読むアレです。

 

出版関係の会社だけではなく大手メーカーが参入していたり、色んなサイトがあってどれが良いのか迷うところだと思います。

自分もどうなのと思って色々調べてみましたが、これがまた非常に決め手に欠けてて。非常にどれが良いとも言い辛い…。

結局どこも似たり寄ったりで、じゃあどこでも良いんじゃん?と思っちゃう。

けどあえてそれを説明するための記事を書きます(笑)

 




 

シンプルに電子書籍に求める3点とは

まず、電子書籍サイトに何を求めるかってところの話です。

所謂ユーザーのニーズってやつです。

このニーズが非常にシンプルなために、差別化するのも業界的に難しいんだろうなと思ってます。電子書籍といっても、言ってしまえばネットの本屋さんですからね。

 

本屋さんをイメージしてみたら凄くわかると思います。

この本屋って他と違って凄い面白い事やってるな!

なんて本屋さん無いですよね。自分は知らないですし、どの本屋も似たり寄ったりに感じます。

(本屋さんは定価販売基本ですから。その点電子書籍は30%や50%キャンペーンだけに留まらず無料で買える作品も多数あったりするから、値段的には電子書籍の方が圧倒的に安く買える傾向にあります。)

 

では本屋さんに求めるものって何でしょう。
自分が思うのはシンプルに3つだけです。

  • 安く買える
  • 買いたい本が買える
  • 買った本がちゃんと読める

 

本屋さんってしたので、3つ目とか何じゃそれって感じだと思います。

本題は電子書籍なのでこの3つですが本屋さんもまあ同じで、凄く基本的なところを考えたらこの3つかなと。

 

1.安く買える

やっぱり一番大事なのは値段です。値段の点では電子書籍は紙媒体と比べてデフォルトが安いです。

ただどの電子書籍サイトも基本の定価は同じでした。今回、自分は「約束のネバーランド」ってマンガを買ったので、その例だと本屋さんでは432円 → 電子書籍では410円 です。

そうなると何で値段の差別化を図るかというと、ポイントだったりクーポンだったりキャンペーンだったり。どの電子書籍サイトもやっています。みんな考える事は一緒です。

 

2.買いたい本が買える

要は品揃えが豊富かどうかです。ただぶっちゃげこれは絶対数ってよりも、人それぞれ好きなジャンルとかあるので、それぞれの好みに沿った品揃えであるかどうかが大事です。

自分の好みとサイトの方向性がマッチしていれば、自分は知らなかったけど読んでみたら面白いじゃん!って本と巡り合える可能性が高くなります。

 

ただ電子書籍は物理的制限がないのでどのサイトも基本はオールジャンル幅広いです。そうなると作品レベルであるかないかの違いしかなく、実際に使ってみないと分からないのが悩ましいところです。

とはいえ品揃えに関しては個性がでるところです。ですが有名な作品であれば大体どの電子書籍サイトでも揃えてたりします。

そりゃそうです、売れる作品なら入荷するのは当然です。

 

3.買った本がちゃんと読める

電子書籍は媒体がスマホやらタブレットやらになるので、リーダーと呼ばれる専用のアプリケーションを提供しているところが多いです。

もちろんPCとかブラウザ上でも読めます。が、快適に読むならやはり専用のアプリで読んだ方が読みやすいです。

でも本を読む専用のアプリにも関わらず、これがページをめくるのにやたら遅かったりとかタップが上手く反応してくれなかったりしたらイラッとしますよね。

どこでも不自由なく自分が読みたいスピードで読める事。所謂、痒いところに手が届くかどうかも大事なポイントです。

 

しかしながらリーダーも大体はどこも同じように問題なく読めます。めくり方やしおり等の機能性もそんな大差ないです。

これもそうです、電子書籍でリーダーに問題あったら致命傷ですから。

 

 



電子書籍サイト10個をポイント絞って比較表でみる

では3つのポイントを踏まえた上で、各電子書籍サイトを比較してみます。

例として、約束のネバーランドを買うとした場合(そもそも調べるきっかけとなったのが約束のネバーランドをどこで買おうかってのがあったからなんです。約束のネバーランドについてはこちらで熱く語っています。笑。)

 

分かりやすいように表にまとめました。

比較対象のサイトはグーグル先生で検索して出てきた上位から10サイト。

なのでこんなチョイスなのです。AmazonのKindleが無いとかモグリかって感じですが…汗。

 

 

サイト名 約束のネバーランドある?笑 値段(紙で1冊432円の本) 商品冊数 アプリ有無
BookLive 410円 65万~
honto 410円 72万~
楽天Kobo 410円 300万~
Reader Store 410円 6万~
COCORO BOOKS 410円 45万~
ブックパス 410円 40万~
ヨドバシ・ドット・コム電子書籍ストア 410円 40万~
BOOK WALKER 410円 49万~
BookPlace 410円 30万~
Neowing電子書籍ストア × 432円 17万~
サイト名 ポイント クーポン割引 試し読み 独自性
BookLive 購入方式 15~25%
稀に50%
毎日クーポンガチャ
初回登録時50%OFF
honto 付与方式
100円1pt
不定期
10~50%
あしあと抽選ポイント
楽天Kobo 付与方式
100円1pt
不定期
10~40%
楽天ポイントやサービスと連動
Reader Store 付与方式
100円1pt
不定期
レビューの評価でポイント
ベストレビュワーにポイント
COCORO BOOKS 購入方式 なし? 辞書連携機能
ブックパス 購入方式 なし? 対応作品読み放題(月額562円)
ヨドバシ・ドット・コム電子書籍ストア 付与方式
100円20pt
なし? ポイント還元率が高い
BOOK WALKER 付与方式
100円1pt
不定期
雑誌読み放題(月額540円)
初回登録時50%OFF
BookPlace 購入+付与方式
100円1pt
U-NEXTと連動 U-NEXT見放題プランと連動で雑誌読み放題
Neowing電子書籍ストア 購入+付与方式
100円1pt
なし? マイナー作品多い?

 

 

いかがでしょうか。

まあざっと調べただけなので調査不足なところはあり、そこは時間空いた時にでも詰めていこうと思います。

とはいえ10サイト程度ですが調査に3時間はかかってます。どのサイトに決めるか必要な情報を集めるだけなら十分な時間です。

 

見て頂いてわかる通り、どこも本の定価はほぼほぼ410円。どこもリーダーアプリを無料で提供していてスマホで快適に読めます。

買う前に試し読む事ができ、試し読みのページ数も「約束のネバーランド」であればどこも60ページです。

そうなるともう選択肢は、キャンペーンをよくやっていて安く購入できる機会が多いかとか、そのサイトにしかない特別なサービスに何があるか(表でいうと独自性の列です。)

 

個人的に注目したのは表の一番上のサイト、「BookLive」です。

新規登録した時に半額クーポンをくれるのもでかいですが、何よりは毎日クーポンガチャの存在です。

これは1日1回ガチャを回すことができてクーポンをもらえるサービスで、事前に自分は大体15%~25%offのクーポンが外れなく出るという情報を知っていました。

これ、平均すると常に20%offで買えると考えると結構大きくないですか?

もちろん、30%~50%offのキャンペーンを狙って買った方が遥かに安くは買えますが根気が要ります。

毎日クーポンガチャは毎日まわせるので待つ必要がないです。

 

あ、でも「Reader Store」のレビューしたらポイントもらえるサービスも非常に気になりました。

何でもレビューをこなしていってベストレビュワーに選ばれたりした時の貰えるポイント数がかなり多いみたいで。確か2000とか。

なので感想書くのが得意な人は「Reader Store」なら何冊もタダで買えるレベルまでいけるかもしれません。

 

後はポイント還元率ってところで「ヨドバシ・ドット・コム電子書籍ストア」は驚異的です。

100円で20ポイントも貰えるって凄い強気です。410円だと1冊買っただけで82ポイントも貰えてしまいます。

もし長期的に利用するのであれば少し地味ではありますがヨドバシは安く買えますね。

 

 

とはいえとりあえず自分はBookLiveにしました。毎日ガチャまわしてどんなものか実際に調査してみます。

その辺を次の記事で。(→ 毎日、本が2割引きで買えるBookliveのクーポン割引率

 

まずは「約束のネバーランド」7巻までどのくらいお得に買えたか。

買った後も毎日ガチャまわして出るクーポンの確率は、ちょっとした統計のような形でまとめてみたいと思います♪

 

P.S.
自分は使ってないからピンとこなかったですが、Tポイントつくからブックライブ使ってるって声が非常に多いです。

普段の生活と関連して考えるのも大事ですね。楽天カード使ってるから楽天KOBOとか。

とりあえずTSUTAYAユーザーはブックライブで間違いない!笑

 

 




ABOUT ME
むーさん

自宅からの通勤電車時間は約40分。寝たくても満員電車で寝られないから、何となくいつもスマホいじってます。

特にこれという事もなく、半ば無意識かの如くニュースサイトやマンガアプリを起動。何かこの時間がもったいない。


スマホのアプリ。Google PlayストアとApp Storeあわせるとアプリの総数は500万以上もあるんです。まだ知らないもっと面白いアプリが沢山あるはずなんです。


電車なので、周りが気にならないような、途中でもさっと終われるような、40分の時間を忘れるような、ついでにストレスも忘れて癒されるような、そんなアプリを見つけたい。

という願望からこのブログ、がんばっていきたいと思います。