おもしろスマホアプリ研究部
ゲームアプリ

脱出ゲームアプリなのにほっこりするCGでしかも簡単【Android】

ひみつきち~タイトル画面

今、脱出ゲームってアプリでも色んなタイトルが出ているので、どれが良いのか結構迷うと思います。

Androidのグーグルプレイストアで単純に「脱出ゲーム」で検索したら250件もHitしますし、ばんばん新着も出続けています。

新着からいくつかプレイした中では、「ひみつきち」というゲームが他とテイストが違っていて面白かったです。特に、

  • 脱出ゲームをやった事なくてやってみたい
  • 隙間時間で気軽にプレイしたい
  • 童心に返って子供のころを懐かしみたい

 

って方にはぴったりです。理由としては、

  • ヒントなしでも少し考えれば解ける難易度
  • 1ステージ10分程度で全7ステージ
  • ストーリー性があり、温かみのあるCG

 

というように初心者向けな出来栄えに仕上がっています。

 




ゲームの基本情報

  • 題名 : ひみつきち
  • 種類 : 脱出ゲーム(アドベンチャー)
  • 記録 : セミオート
  • 画面 : 縦向き固定
  • 料金 : 完全無料

 

脱出ゲーム ひみつきち

脱出ゲーム ひみつきち

あそびごころ。posted withアプリーチ

 

いわゆるアプリの脱出ゲームとは?

そもそも脱出ゲームって何?って方のために簡単に説明します。

その名の通り、どこからか脱出する事を目的としたゲームですが、何で脱出しなければいけないか?(理由付け)は前提としてアプリ内で説明されます。

 

脱出するためには決められた順番通りに謎を解いていかないといけません。この謎解き部分が脱出ゲームの醍醐味です。

ではどのように謎を解いていくのか?

  • 謎を解くためのヒントを見つける
  • 謎を解くアイテムを見つけて正しく使う
  • ヒントより導き出した答えを入力する

 

これらを駆使しないと先に進めないようになっています。

 

脱出ゲームの面白さのポイントは、ゲームの設定で作られた空間に対してどんな仕掛けがほどこされているのか、といったワクワク感です

加えて、頭を使わないとクリアできないので脳トレの要素もあり、解けた時にはアハ体験を得る事ができるとかどうとか…。

頭の体操としては楽しくできるのでもってこいですね。



ひみつきちはStoryとCGにほっこりする

脱出ゲームは脱出することが目的なのですが、そうなるとひみつきちは脱出ゲームの中では少し特殊です。

ひみつきちは脱出しません。

ひみつきちにはストーリーがあります。それはあなたにとって懐かしい少年時代の思い出かもしれません。

 

田舎に引っ越してきたボクが田んぼで出会ったのはクラスメートたち。彼ら「あそびごころ隊」のひみつ基地に案内され仲間に誘われる

ただし条件として、試験に合格すること!

ひみつきち~モノローグ1 ひみつきち~モノローグ2 ひみつきち~モノローグ3 ひみつきち~ステージ1画面1 ひみつきち~ステージ1画面2 ひみつきち~ステージ1画面3 ひみつきち~ステージ1画面4 ひみつきち~ステージ1画面5

 

CGも設定に合った淡いタッチで描かれていて、流れる音も蝉の鳴き声や水の流れる音といったSE中心で、田舎や自然を感じさせる描写がされています。

 



程良い簡単さで初心者にはもってこい

謎を解くことで話を進める脱出ゲーム。ひみつきちの難易度としては「やさしめ」です。なので朝一番の頭の体操としては丁度良い。

この程良く考えて程良く悩むというレベルがやった事ない人にとっても丁度良いかなと思います。

ただしアイテムをどう使ったら良いか、レクチャーがあるわけではないので慣れていない人には操作性の取っつき難さを感じられてしまうかもしれません。

ひみつきちはマシな方ですけどね、とりあえずここでこのアイテムを使うなと思ったら使う画面でアイテムタップしまくれば何とかなります。笑

 

1時間程度で全7ステージクリアできる

基本的にお題は1ステージに1つって感じなので、1ステージ10分もかからない程度で終われます。

ステージも全部で7つしかないので気軽にやれる反面、慣れている人には物足りなさを感じます。だから本当に初心者向け。

因みに記録はステージごとのオートセーブなので、ステージの途中でやめるとそのステージは最初からになります。

 

最初の1ステージ目だけ画面キャプチャを使って流れを見せると↓こんな感じです。

ひみつきち~ステージ1謎解き1各ステージごとにお題が出されます。
ひみつきち~ステージ1謎解き2わからなければヒントを見る事もできます。
ひみつきち~ステージ1謎解き3動画視聴で更にヒントを。ステージ間には強制CMもあるので×で閉じましょう。
ひみつきち~ステージ1謎解き5通行証が入ってそうな箱ですが、ボタンに文字が書かれていて最初は訳が分かりません。
ひみつきち~ステージ1謎解き4謎解きにはアイテムが必要なことも。
ひみつきち~ステージ1謎解き6アイテムが使えそうかなと思ったら使ってみましょう。
ひみつきち~ステージ1謎解き7道が開けたところで画面タップして確認してみます。
ひみつきち~ステージ1謎解き8謎を解くカギとなる情報を得られました。
ひみつきち~ステージ1謎解き9更に切り株には見た事ある配置で文字が。何となくわかりますか?
ひみつきち~ステージ1謎解き10先ほどの箱で正しい3つの文字を選ぶ事ができたら。
ひみつきち~ステージ1謎解き11無事、通行証をゲットすることができました。
ひみつきち~ステージ1謎解き12ケンタ君に見せて。
ひみつきち~ステージクリアステージ1がクリアです。

 

反応音を確かめるために音ありを推奨

BGMは自然音中心なので無くても問題ないのですが、謎を解く時にタップした時の反応音がないと初心者の方には辛いと思うので、音はあった方が良いです。

例えば仕掛けによってはボタンを押した順番や回数を見ている物もあり、反応音がないとちゃんと押したか押してないかわからなくなります。

ですが音を聞かないと解けない、なんて問題はないのでそこまで気にする程ではないです。

 

おまけでタイミングゲームも付属

ひみつきちはおまけで野球ゲームがミニゲームとしてプレイできます。

最初にタイミング良くタップしてPOWERゲージ(打つ威力)の位置を決めて、これまたタイミング良くボールを打ってゾーンに入れるという目押しゲームです。

ひみつきち~おまけ野球ゲーム1おまけのミニゲーム。

 

 

全7ステージクリア後に自由に遊べるようになる、一番上の難易度「むずかしい」が結構むずかしいです。

ピッチャーのボールが「はっやっ!」と思ったら「すげーおっそっ!」とタイミングをズラされ、かなり緩急を駆使してくるので私はクリアできませんでした。

ひみつきち~クリア後タイトル画面クリア後のタイトル画面からおまけが自由に遊べます。
ひみつきち~おまけ野球ゲーム2むずかしいは本当に難しいです。

 

目押しゲームに自信のある方はぜひ挑戦してみて下さい。笑

 

 

 

そんなわけで脱出ゲーム、色々あって暇潰しにはもってこいです。

ちなみにひみつきちは初心者向けで簡単だとは言いましたが、1問だけ結構悩んでしまったのがあったので決して歯ごたえ無さ過ぎって程ではないです。

ひみつきち~ステージ3問題答えはスマホで直接文字を入力しないといけません。

 

もし、↑の問題が全く悩まずに答えられたら・・・、ひみつきちの謎解きはつまらないと思うのでやらない方が良いでしょう。

あと2つの画面を切り替えて見比べないといけない問題もあったりするので、暗記が苦手な方はメモがあった方が良いです。

ひみつきち~エンディング ひみつきち~ステージセレクト

 

脱出ゲーム ひみつきち

脱出ゲーム ひみつきち

あそびごころ。posted withアプリーチ

 




ABOUT ME
むーさん

自宅からの通勤電車時間は約40分。寝たくても満員電車で寝られないから、何となくいつもスマホいじってます。

特にこれという事もなく、半ば無意識かの如くニュースサイトやマンガアプリを起動。何かこの時間がもったいない。


スマホのアプリ。Google PlayストアとApp Storeあわせるとアプリの総数は500万以上もあるんです。まだ知らないもっと面白いアプリが沢山あるはずなんです。


電車なので、周りが気にならないような、途中でもさっと終われるような、40分の時間を忘れるような、ついでにストレスも忘れて癒されるような、そんなアプリを見つけたい。

という願望からこのブログ、がんばっていきたいと思います。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function breadcrumbs() in /home/childjourney/omoshiro-app.net/public_html/wp-content/themes/jin-child/footer.php:5 Stack trace: #0 /home/childjourney/omoshiro-app.net/public_html/wp-includes/template.php(722): require_once() #1 /home/childjourney/omoshiro-app.net/public_html/wp-includes/template.php(671): load_template('/home/childjour...', true) #2 /home/childjourney/omoshiro-app.net/public_html/wp-includes/general-template.php(76): locate_template(Array, true) #3 /home/childjourney/omoshiro-app.net/public_html/wp-content/themes/jin/single.php(121): get_footer() #4 /home/childjourney/omoshiro-app.net/public_html/wp-includes/template-loader.php(98): include('/home/childjour...') #5 /home/childjourney/omoshiro-app.net/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/childjour...') #6 /home/childjourney/omoshiro-app.net/public_html/index.php(17): require('/home/childjour...') #7 {main} thrown in /home/childjourney/omoshiro-app.net/public_html/wp-content/themes/jin-child/footer.php on line 5