おもしろスマホアプリ研究部
サイト個別

flier(フライヤー)はアプリがおすすめだが登録は要注意【文字数レベルでレビュー】

flier画面~フライヤーレビュー1

ビジネス書の要約という、珍しいサービスを行っている「flier(フライヤー)」のレビュー(感想)です。

結論としては、要約サービスそのものはかなり良質に思います。何よりアプリが使いやすかったので自分としては高評価です。

ただし本の要約というのは判断が難しかったりします。私は良かったんですけど、あなたにとってもとはならない可能性がありますので。

判断材料になるかはわかりませんが一例として、実際(オリジナル)の本と比較して「どのように要約されているか」、ボリュームのレベルがわかる図を作ってみました。

あと、サービスそのものは良いと書きましたが、会員登録の際には入口がわかりにくい、という注意があります。

記事後半ではブラウザとアプリにて、迷わないですむように注意点をまとめました。

 

というところで、flier(特に要約の質)ってどうなの?と思っている人にとってはかなり参考になる情報かと思います。

 




本を10分で読めるサービス内容について

※↑のバナーはゴールドプランの紹介となりますのでご注意ください(3つのプランについてはこちら

 

まず最初に「flierってどんなサービスなのか?」について簡単に書きたいと思います。

一言では、ビジネス書の内容が10分でわかるように要約されています。コンテンツとしてはこれだけです。

その要約された本が、毎月30冊くらいのペースでどんどん追加(更新)されていきます。

 

人気本が読めるのかをランキング調査したが・・・

ではどんな本が?読めるのか。

公式サイトには「話題の書籍や名著のなかから、経営者や大学教授などの著名人・専門家などが「ビジネスパーソンがいま読むべき本」を選んでいます。」と書いてあります。

 

ちょっと実験的にですが、以下は最新順のすべての要約リスト(2019/12/4時点)の画像です。

flier画面~フライヤーレビュー2

 

見えてる上から8冊について、まず出版年月は1冊を除いて2019年7月~10月の間でした。超新刊とまではいきませんが、わりと新しい本を扱っていることがわかります。

しかし人気の本かについては、ネットで3つの書籍サイトのランキングを見てみたのですが、残念ながらランクインしている本はありませんでした。

ただこれは調べ方の問題もあるかもで、擁護するわけではないですが、一応flierでの要約ランキングはというと。

flier画面~フライヤーレビュー3

 

1位と3位は書籍サイトの売上ランキングでも上位にランクインしています。

ちなみにこの記事で後ほど出てきます、一例としてピックアップしました「メモの魔力」という本は、色んなサイトで上位にランクインしている人気本です(↑を調べている際にわかりました。)

 

3つのプランの違いは冊数

flierにはプランが3つあります。

違いは「読める冊数」だけです。

  • フリープラン(無料会員)
    • 金額:無料
    • 要約数:固定20冊程度
  • シルバープラン
    • 金額:月額500円(税抜)
    • 要約数:固定20冊程度+月5冊まで
  • ゴールドプラン
    • 金額:月額2,000円(税抜)
    • 要約数:すべて読み放題

 

無料で読める固定の20冊程度というのは、月に1~2冊くらいしか更新されません。

とはいえ、要約そのものはちゃんとした要約です。

なのでいきなり有料プランにするよりかは、フリープランにて要約の感じを確認してから検討した方が良いです。

ただし期間限定(かはわかりませんが)30日間の無料キャンペーンというのがあります。

シルバープランだけですが、初月が無料で利用できます。

(もし気になっている本がある場合は事前にサイトにて要約があるかキーワード検索するなり確認した上で・・・)

合わなければ解約すればいいやの精神でとりあえずシルバープランに登録して、有料分の5冊を見てみるのもありです。

一応、この記事でも「どんな要約の感じか?」わかるように、次の見出しにて書きましたので判断材料にはなるかと思います。

 



flierの要約は有益か?元の本と比較してレビュー

レビューのメインとなります。

実際に私がflierでの要約と、元となる本を読み比べた上で感じた点について、まとめていきます。

例として選んだ本は「メモの魔力」です。

 

人気の本ですが、flierではフリープランにて無料で読むことができます(※更新により読めなくなる可能性はあります。)

 

元本と要約の文字数と時間を比較

まずは実際の本を(電子書籍版ですが)購入しまして、その後に要約された内容を確認しました。

hontoクーポン使用時の料金購入はhontoを利用です(クーポンによる25%OFFを活用)

#文字数を比較

さすがに実際の本は特別付録を除くと電子書籍では319ページありまして、1文字1文字数えていると日が暮れるのでざっくり計算で出しました。なので雰囲気で捉えて頂けると幸いです。

・1ページ内MAX(1列37文字 × 11列)= 407文字

・ざっと見た感じ余白は3割と推定、つまりは1ページあたり 407文字 × 0.7 = 約285文字

・285文字 × 319ページ = 90,915文字

 

に対して要約の方は・・・(こちらはコピペを文字数カウントしているので正確です。)

・改行、空白を除いた文字数 → 4369文字

⇒よって文字数では 4.8%に濃縮

 

#時間を比較

あくまで私が読んだ速度になりますが、実際の本の方はノンストップで一気に読み倒したところ、2時間15分かかりました。

要約の方はというと、これが見事に約10分でした。

⇒時間的には 7.4%に短縮

 

とまあ少しズレはありますが、ここは気にするほどでもないのかなといったところで。

大事なのは、内容の方です。

 

要約について主観的なレビュー

要約を読んだ直後の所感ですが「あ、これは良い要約だな」って思いました(こう文字で書くと何かえらそう・・・w)

理由としては、本を読んで思わずブックマークを付けたページや、そうでなくとも印象的だった内容が見事に盛り込まれていたからです。

自分にとってはこの要約は肌が合っていたわけですが、でもこれは自分にとってだけかもしれない、なかなか判断が難しいところでして。

本の内容的には前半~中盤に具体的な方法論、後半はわりと精神論が多かったです。そのため私は後半を少し流し読みした箇所があります。

つまり私は具体的な方法論の部分を重要視したわけですが、自己啓発とか好きな人によっては精神論の部分がモチベにつながってと、実はそこが重要なのかもしれませんよね。

 

要約が元の本をどの程度カバーしているか、具体的な数値を算出した図

実際に要約がどのくらい本の内容をカバーしているのか、データをとってそれをパッと見でわかるように図にしてみました。

↓の図は、左側がflierによる要約の各見出しのボリューム比、そして右側が元の本のこちらは章ごとのボリューム比です。

フライヤーと元の本を比較

 

比率については左側は文字数から、右側はページ数からとっています。

元の本である「メモの魔力」は、序章と終章を除くと全部で5章の構成ということです。

とまあ、細かい%は書いていますが、見て頂きたいのは色を付けた箇所です。

第四章と第五章の内容は全く要約には含まれておらず、前半に集中しているということがわかると思います。

 

「なんだ、全体をカバーしているわけではないのか・・・」

そう捉えるのは少し安易かもしれません。

 

要約で一番大事なのは著書が伝えたい本質を捉えているかどうか

私の知識不足もあるので、そもそも要約とは何ぞや?を色々ググってみたのですが、あるサイトで要約の条件について箇条書きされていました。

以下、引用文です。

  • 原文の主題が押さえられていること
  • 短い文章であること
  • 個人的な意見や考えが含まれていないこと
  • 全体の内容が含まれていること

 

引用元:要約文の書き方のコツとは?…

 

この中でも一番大事なのは、(1番目)本の著者がその本で「最も言いたいこと」にきちんとフォーカスされているか、に思います。

今回の「メモの魔力」の例でいきますと、著者が推しているのは端的に言えば「メモは人生が変わるほどすばらしいのでみなさんメモを取りましょう」です。

そのため最初に「メモにはこんな良いことがある」というメリットや「具体的にこうすれば良い」という方法論について。

そんな流れにて、前半にみんなが興味を惹きやすい実用的な部分をもってきています。

PREP(プレップ)法とかの「結論→理由→根拠」の構成を守っている本であれば、重要性の高い内容はわりと前半にあったりします。

そうなると要約の内容が前半に集中しているのは、実は的を射ているのではないか、と。

ですが(4番目)全体の内容が含まれていることに対しては、やっぱり微妙なのかもしれません。

 

しかしながらflierは「1冊10分程度で本の内容を味わうことができます。」をかかげています。

ので、10分という制約にて要約をするとなると・・・

多少バランスを捨ててでも、重要なところを重点的にフォーカスするのは方法として正しいのではないかと、そんな風に思えてきましたがどうなんでしょう。

>> flier(フライヤー)の公式サイトはこちら

 

flierはアプリが使いやすい

フライヤー / ビジネス書の要約アプリ

フライヤー / ビジネス書の要約アプリ

Flier Inc.無料posted withアプリーチ

 

ブラウザでも読むことができますが、アプリをおすすめします。

どう違うかというと、機能面での違いはあまりないのですが、↓の画像のように見え方(構成面)での違いが主です。

flier画面~フライヤーレビュー4

 

読み込み速度もアプリの方がサクサク動くので、行きやすさとか見やすさ含めて圧倒的にアプリの方が快適に感じました。

flier画面~フライヤーレビュー5ちょっとこの上帯が選びにくかったりはしますが、左右スワイプで切り替えられるのでなんとかなります

 

ブラウザだと左右のスワイプ操作で切り替えたりができない分、アプリの方が使いやすいという感じですね。

 

ちなみに機能面で1つ、音声再生という要約文を読み上げてくれる機能がありますが、あまりおすすめしません。

機械的なボイスで抑揚がないので入ってこない、が大きな理由ですが、多分「10分で」が厳しくなります。

2倍速とかできるんですけど、余計に入ってこないです。笑

flier画面~フライヤーレビュー6

 



会員登録はプランごとの入口がわかりにくいので要注意

flier、凄くサービス内容は良いのに、何でそんなページ構成にしたのか・・・ここだけ凄く疑問です。

会員登録だけ非常にわかりにくいんですよ。

なのでちょっと記事が長くなってしまいますが、ブラウザとアプリでフリープランに会員登録する手順について書いておこうと思います。

先にわかりにくいと感じた要点だけあげますと・・・

・ブラウザ:いきなりシルバープランに登録となるボタンに注意

・アプリ:30日間の無料キャンペーンはアプリからは申し込めないのに注意

 

※全てのパターンを実際に登録まで試したわけではないので、もし間違っていたらごめんなさい

 

ブラウザでフリープランに会員登録する手順

まず、ブラウザでトップ画面を表示すると↓のような画面になります。

>> 公式サイトのトップ画面へのリンクです

flier画面~フライヤーレビュー7

 

ここで一番に目に付くであろう①会員登録のボタン。ここはいきなりシルバープラン(というか無料キャンペーンへの申し込み)となりますので注意してください。

もしフリープラン(=無料で利用できてメールアドレスとパスワードしか登録したくない)場合には一旦②の30日間無料キャンペーン!ボタンを押します。

少し下にスクロールしたところに「まずは無料会員」というのがありますので、ここの「無料会員登録」ボタンを押してください。

flier画面~フライヤーレビュー8

 

すると何で会員登録するかを選ぶ画面に遷移します。

SNS(facebookかtwitter)の情報を利用するか、直接メールアドレスとパスワードを入力して登録するか、どちらか選びます(例では後者。)

flier画面~フライヤーレビュー9

 

画面下の「利用規約に同意して登録する」ボタンを押すと、すぐに会員登録が完了します(もうこの時点でフリープランとしてログインしています。)

flier画面~フライヤーレビュー10
flier画面~フライヤーレビュー11一応、登録しましたよ通知が入力したメールアドレス宛てにも飛んでいます

 

アプリでフリープランに会員登録する手順

フライヤー / ビジネス書の要約アプリ

フライヤー / ビジネス書の要約アプリ

Flier Inc.無料posted withアプリーチ

 

最初に↑からアプリをダウンロード→インストールした状態にて。

アプリを起動しますと「ようこそ!画面」が表示され、右にスワイプでめくっていくと最後に「新規登録」ボタンがありますので押します。

flier画面~フライヤーレビュー12

 

いきなりメールアドレスとパスワードを入力する画面に遷移します。

もし、SNSから登録したい場合は一度「始めよう!画面」まで戻って頂いて。

「まずは使ってみる」押下→利用規約を「同意する」でアプリトップ画面まで遷移して頂いて、左上のメニューアイコンより「新規登録」を押すと選べる画面にいきます。

flier画面~フライヤーレビュー13

 

↑でメールアドレスとパスワード入力にて登録した場合。アプリもブラウザ同様で、すぐにログインした状態でトップ画面に遷移します。

flier画面~フライヤーレビュー14

 

ブラウザでシルバープランの無料キャンペーンに申し込む手順

※アプリではなぜか30日間無料キャンペーンへの入り口がありません。

一応、ログアウトした状態でアプリ内のページを隅々まで探してみましたが、見つかりませんでした。

よってブラウザからのみの申し込みとなります。

無料会員登録との違いは、支払いに関する情報を入力しないといけない点です。

ちなみにアプリ内にてシルバープランにアップグレードしようとすると、初月から500円(税抜)支払わないといけなくなるので、ほんと注意してください。

flier画面~フライヤーレビュー15

 

というわけでアプリで無料会員登録した人は面倒なのですが、ブラウザからflierのトップ画面にいきます。

>> ブラウザのトップ画面へのリンク

※以下の例はフリープランでログインしている状態にて、シルバープランを無料体験する手順となります。

まず、「30日間無料キャンペーン!」ボタンを押します。

flier画面~フライヤーレビュー16

 

シルバープランの内容を確認した上で、下にある「無料キャンペーンに申し込む」ボタンを押します。

flier画面~フライヤーレビュー17

 

メールアドレスを入力して「無料キャンペーンに申し込む」ボタンを押します。

flier画面~フライヤーレビュー18

 

「登録認証開始」画面にいきますので、メールが届いているか確認します。

flier画面~フライヤーレビュー19

 

メールが届いていたら、本文内にある「会員登録を継続する」ボタンを押して再度ブラウザを起動します。

flier画面~フライヤーレビュー20

 

パスワードを入力します。

ここで、プランが「お試しキャンペーン」となっていること。料金プランで「0円/初回」と表示されていることをしっかりと確認します。

flier画面~フライヤーレビュー21

 

クレジットカードか、Yahoo!ウォレットどちらの支払い方法にするか、決めたら該当のボタンを押します(例ではクレジットカードにて支払い。)

flier画面~フライヤーレビュー22

 

クレジットカード決済お申し込み画面に遷移します。

※ここで「ご利用金額が\0」になっていることを必ず確認してください。

flier画面~フライヤーレビュー23

 

あとはカード情報を全て入力して、画面下にある「お申し込み」ボタンを押したら、入力したカード情報が有効であれば「決済が完了しした」画面に遷移します。

flier画面~フライヤーレビュー24

 

サイトへ戻ると、フリープランからシルバープランへと変わっていることが確認できると思います。

flier画面~フライヤーレビュー25

 

アプリでログインしてもちゃんとシルバープランに変わっているはずです。

flier画面~フライヤーレビュー26

 

#クレジットカードの決済代行会社について

カード情報を入力する画面の一番下にお問合せ先が株式会社ゼウスとありますが、これは決済代行会社です。

なので登録完了時には、ZEUS(ゼウス)というところからカード認証確認メールが届きます。

決済代行サービスのゼウスは、これまで多岐にわたって様々な企業から利用されていますし、20年以上も実績がありますので、問題ない会社と思って大丈夫です。

 



最後に:要約はあくまで本を見つけるための判断材料として

勘違いしてはいけないポイントとして、要約は要約であり「要約だけではその本の全ては理解できない」というのがあります。

メモの魔力でいうなら、flierの要約にも書いてある通りに「抽象化」が大事なのですが、この部分については要約の方にも具体例となるエピソードが書いてありました。

それもあって良い要約に思えたのですが、実際の本では当然、もっと具体的なエピソードは紹介されているわけです。

どういう風に抽象化したら良いのか?という考え方についてはやっぱり具体例の方が参考になります。

 

真に本の内容を理解したいのであればやはり元の本を読む必要がある。

というのはまあ、flierの方でも最後に「一読のすすめ」として要約に書き切れなかった部分を紹介しているので。

flierの使い方としては、あくまで自分に合った本を探す意味合いが強いかもです。

flier画面~フライヤーレビュー27サイト内で選んでいる本は、欲しいと思ったらそのまま各サービスでネット注文できるので便利

 

そうなるとシルバープランの月5冊ではあまり効果が得られない可能性が高く、サイトで謳っていた「有料会員の90%以上はゴールドプランを選んでいます」は本当なんだろうなと思います。

一見すると2,000円(税抜)は高く感じますけど、ビジネス書だと1~2冊でその値段いきますからね。

10分で読める要約でも(2019/12/4時点で)2,000冊近くのビジネス書が読み放題なので、十分以上に回収できるということかと。

#私はまだとりあえずシルバープランで様子見ですが・・・

 

とはいえ、石橋を叩いて渡るタイプの人はまずは無料のフリープランからが良いと思います。

良いなと感じたら※ブラウザから、30日間無料キャンペーンのシルバープランへとアップグレードする。

ただその一連の手続きが長くなるのは面倒だ、であればいきなりシルバープランで問題ありません。

30日以内に解約さえすればリスクはゼロですので。

 

そんなわけで今回はflierをレビューしましたが、やっぱり会員登録の入り口がわかりにくいのは致命的にもったいないなと思いつつ・・・。

ですが要約サービスそのものは良いコンテンツです。

何が良いかというと、本に興味を持てるようになること。

結局は要約を読むとその本が気になってきますので、本を読む習慣化へとつながる、そのきっかけとしては有効に思います。

あと改めてビジネス書は読んでいておもしろいと実感です。

 

#堅実にフリープランから試したい人はアプリで会員登録する

フライヤー / ビジネス書の要約アプリ

フライヤー / ビジネス書の要約アプリ

Flier Inc.無料posted withアプリーチ

 

#長い手続きが面倒に感じる人はブラウザからいきなりシルバープランに会員登録する(※30日間は無料です)

>> ブラウザから公式サイトのトップ画面へいく

 

※↑このバナーからはゴールドプランへの登録となりますのでご注意ください

 




ABOUT ME
むーさん

自宅からの通勤電車時間は約40分。寝たくても満員電車で寝られないから、何となくいつもスマホいじってます。

特にこれという事もなく、半ば無意識かの如くニュースサイトやマンガアプリを起動。何かこの時間がもったいない。


スマホのアプリ。Google PlayストアとApp Storeあわせるとアプリの総数は500万以上もあるんです。まだ知らないもっと面白いアプリが沢山あるはずなんです。


電車なので、周りが気にならないような、途中でもさっと終われるような、40分の時間を忘れるような、ついでにストレスも忘れて癒されるような、そんなアプリを見つけたい。

という願望からこのブログ、がんばっていきたいと思います。