おもしろスマホアプリ研究部
電車ひまつぶし編
サイト個別

BookLiveの会員登録方法【手順画像付きマニュアル】

BookLiveのホーム画面

折角、BookLiveに会員登録したのでやり方を残しておこうと思います。




簡単にBookLiveとは


コミックや小説、実用書までオールジャンル扱っている電子書籍のお店。

インターネット上で購入してそのままPCやスマホから読む事ができますし、専用のリーダーをアプリとして無料でダウンロードできます。

※新規会員登録時に本が半額で購入できるクーポンのプレゼントがあって、1回だけですけど半額の恩恵は大きい(2018年3月現在。)

 

 



BookLiveを無料会員登録してみる

まず登録前に、試し読みがあるので問題ないか試した方が良いです、絶対。

なので、約束のネバーランドをスマホで読むのを例に説明していきます。(画像は全てスマホの画面キャプチャです。)

ジャンル選択や検索等を使って作品のページまで行ったら。

 

BookLiveの会員登録手順画像1

1 アプリ試し読みボタンをおす

 

BookLiveの会員登録手順画像2

2 BookLive!Readerをダウンロード
→Google Play等でインストールします
3 BookLive!Readerを起動して読む
(こっちの方が試し読みたい作品を自動で開いてくれるので楽。)

 

実際に試し読みでサクサク読める事を確認しましょう。使用感は大事。

問題なければ会員登録へ。ブラウザでもできますが分かりやすくこのままアプリから登録します。

試し読みを最後のページまで読むと自動的に作品ページに飛びます。

 

BookLiveの会員登録手順画像3

4 半額クーポンプレゼント!をおす

BookLiveは新規会員登録の際に50%OFFクーポンをくれます。忘れる事なく絶対にもらっておきましょう。

 

BookLiveの会員登録手順画像4

5 確認できるメールアドレスを入力
6 スペシャル会員登録ボタンをおす

 

BookLiveの会員登録手順画像5

 

仮登録の画面にいくので登録したメールアドレスにお知らせメールがきている事を確認します。

 

BookLiveの会員登録手順画像6

7 お知らせメール文中の長ったらしいURLをおす

 

BookLiveの会員登録手順画像7

8 ウェブを表示(ブラウザーを起動)をおす

 

BookLiveの会員登録手順画像8

9 任意のパスワードを入力する
※半角英数字と半角記号を使って6~14文字に設定
10 パスワード再入力にもう1回入力
11 生年月日を入力
12 男性か女性か選択
13 同意して確認画面に進むをおす

 

内容に間違いないかを確認します。

 

BookLiveの会員登録手順画像9

14 登録ボタンをおす

 

クーポンをプレゼントしましたってのと、クーポンの使い方が書いてあるページにいきます。あと、クーポン獲得と会員登録完了のメールが2通届きます。

 

BookLiveの会員登録手順画像10BookLiveの会員登録手順画像11BookLiveの会員登録手順画像12BookLiveの会員登録手順画像13BookLiveの会員登録手順画像14

 

ここまでで会員登録は完了。では、続いて作品を購入してみます。というわけでアプリに戻ります(ブラウザとアプリの切り替わりで何とも紛らわしい…。)

アプリ上は先ほどの仮登録完了画面のままになってるはず。

 

BookLiveの会員登録手順画像15

15 画面下のログイン画面へをおす

 

BookLiveの会員登録手順画像16

16 登録したメールアドレスを入力
17 同じく登録したパスワードを入力
18 ログインボタンをおす

 

最初に同期設定を聞かれますが、スマホ1台でしか使わないのなら”同期しない”で良いです。

 

BookLiveの会員登録手順画像17

19 同期しないを選択した状態でOKをおす

 

なんと、BookLiveでのみ使えるポイント(1円=1pt)を100ptくれます。これは嬉しい。

 

BookLiveの会員登録手順画像18

20 そのままOKをおす

 

BookLiveのアプリは大きく画面が2つあって自由に切り替えれるんですけど、慣れてくると結構便利に思えます。

本棚とか購入した作品を管理する画面と作品を探したり買ったりする画面の2つ。画面上部の「家のアイコン」と「本棚のアイコン」?で切り替わります。

 

BookLiveの会員登録手順画像19

 

本を探すから作品名で検索しても良いですが、試し読んだ作品をそのまま買いたい場合は試し読みからも作品ページに飛べるというやり方(特別速いわけではない。)

 

BookLiveの会員登録手順画像20

21 試し読みタブから作品の表紙をおす

 

BookLiveの会員登録手順画像21

22 本を読んでる画面(全画面表示)で適当な場所を1回おす
23 画面右上の▼マークをおして(▲マークになる)作品詳細をおす

 

BookLiveの会員登録手順画像22

24 今すぐ購入ボタンをおす

 

購入確認画面に行くのでまずクーポンを選択しましょう。下へスクロールします。

 

BookLiveの会員登録手順画像23

 

会員登録時に頂いた入会限定50%OFFクーポンがあるはずです。

 

BookLiveの会員登録手順画像24

25 適用するボタンをおす

 

クーポン利用時の金額に変わります。併せてこれまた最初のログイン時に頂いたBookLive!ポイント100ptを使います。

 

BookLiveの会員登録手順画像25

 

画面を少し下にスクロールしていくとBookLive!ポイント利用がでてきます。

 

BookLiveの会員登録手順画像26

26 ポイントを利用するを選択

 

BookLiveの会員登録手順画像27

 

これでクーポンとポイントを使った最終的な金額は”105円”となりました。

最後に支払い方法を選びます。分かりやすいのは携帯払いの上から3つかと。自分はクレジットカードを登録しました。

 

BookLiveの会員登録手順画像28でや! マンガっぽく集中線付けてみました。笑

27 購入を完了するボタンをおす

 

無事に購入完了です。自動的に購入した作品がフォローにも登録されるのでフォローリストからもチェックできるようになります。

 

BookLiveの会員登録手順画像29

28 購入した本を読む

 

BookLiveの会員登録手順画像30

 

本棚の画面に行くので購入した本をダウンロードします。大体1冊の容量が40MB前後あるので今月のパケット残数少ない場合とかは注意しましょう。

ダウンロード完了したら本をタップで本を読む事ができます。

 

BookLiveの会員登録手順画像31

 

長々とお疲れ様でした。本の購入から読むまでは以上です。

今回50%OFFクーポンを使ったのですが、実はBookLiveのお得な点としてこのクーポン、1日1回ですがガチャを回してゲットできるんです。

どんなクーポンがでるかはお楽しみって感じだったので自分ちょっと試してみました。

別記事に書きましたので気になる方は↓から。
→ BookLiveのガチャクーポンを毎日回し続けてみた

 

P.S.

登録解除の方法も書こうかと思ったのですが、月額制ではないし使わなければ何も発生しないので需要ないかなと。

問題なく解除もできます、とだけ書いて保留にしておきます。

 

 





ABOUT ME
むーさん

自宅からの通勤電車時間は約40分。寝たくても満員電車で寝られないから、何となくいつもスマホいじってます。

特にこれという事もなく、半ば無意識かの如くニュースサイトやマンガアプリを起動。何かこの時間がもったいない。


スマホのアプリ。Google PlayストアとApp Storeあわせるとアプリの総数は500万以上もあるんです。まだ知らないもっと面白いアプリが沢山あるはずなんです。


電車なので、周りが気にならないような、途中でもさっと終われるような、40分の時間を忘れるような、ついでにストレスも忘れて癒されるような、そんなアプリを見つけたい。

という願望からこのブログ、がんばっていきたいと思います。